2017年9月10日日曜日

アイドルがプロレスをやることの意味とは?


ついつい自分も含めてプロレスファンで
あるがゆえに、既存のプロレスという枠の中で良し悪しを
判断しているところがある。

確かに、華麗なムーンサルトをきめたコマネチ湯本はスゴかったし
巨漢のプロ相手に堂々立ち回ったユンボ島田、クイウチ松村も見事だった。

正直、コマネチ湯本のファンになりそうやし σ(^o^;)

アイドルがここまでやるか?という凄みは十分味あわせてもらった。



だが、当然ながら彼女たちは本物の”プロ”レスラーではない。

昨今こういった流れはAKBグループだけではないが、
”アイドルがプロレスをやっている”というアプローチにこそ
価値があるわけで、プロレスラーがやっているのと
全く同じようにハードなプロレスで体を張るだけでは
最初は刺激的ではあっても
あえてアイドルがやっている意味としては薄くなってしまう。

その辺りと、普段のアイドル活動やキャラクターとのリンク
という面でも、MAX中井とマッドドッグ宮崎の攻防は面白かった。

ドラマスタート時のトレーニングにおいて前転さえろくにできなかった
中井に関しては、最初はなんでこんなヤツ出したんだろう?と思った。
アイドルとしても正直僕は苦手なタイプ。

リング上で痛い!と叫び、へたり込んで泣いてみせたり(笑)
最後はイス攻撃の反則を装い、宮崎をハメてのズル賢い反則勝ち。

面白い!
リアルな彼女のキャラクターを踏まえた上で
うまく増幅されている!


宮崎も普段の悪名高いファン対応や男遊びなど(笑)を踏まえた
ふてぶてしいキャラがよく出ていた。



昔から女子プロでもアイドル路線は多々あったが
容姿ありきで実力が追いつかないまま売り込む
のには無理があった。

であれば、アイドルにプロレスをやらせれば
という発想の転換は納得がいく。そういう団体ならば
むしろ、プロレスとしての強さを過剰に求めるだけではない
多様な面白さを素直に期待できる。

今後も継続可能ならば
設定面でもより現実の48サーガを投影したドラマ作りを期待したい。

錦糸町道場→規模拡大により秋葉原に移転

白金ジム→規模拡大により名古屋・栄に移転

JURINAに反旗を翻した白間らが大阪に新道場を設立。

なーんてどうでしょう?
ちょっとリアルに寄せすぎかしら(笑)


まとめ)アイドルがプロレスをやることの意味としては

1. 実際のアイドル活動を投影させ、キャラクター性を増幅させるような
  アイドルとプロレスのダブルレイヤー的な面白さ。

2. 強さだけではない、女性アイドルならではの
  プロレスの面白さ、魅せ方の追求。


この2点に尽きると思います!

実際これがうまく機能していたので
今回の興行はほぼ手放しで大絶賛です!*\(`・ω・´)/*

2017年9月8日金曜日

暴れろ !! オクトパス須田!ブックを破れ !! サックス古畑!


今回、ドラマには参加しなかった新規メンバーが14人いる。




厳しさゆえ脱落したメンバーも多いようだ。(倍くらいいたらしい)

だが、、この試合を見た後、到底そのメンバーを
責める気にはなれない。今回、6人タッグで比較的出番の少なかった
バード高柳こと高柳明音でさえ、当日はアドレナリン?で感じなかった
体の痛みや青アザに翌日気がつくような有様だ。
当日リングに上がっていたメンバー全てに
僕は敬意を表したい。( *ω´)

総合的にMVPを挙げるとすれば
迷わずヒールターンした須田亜香里だ!

水を得た魚とは彼女のことではないだろうか?笑

彼女の、あの普段持て余し気味のアクの強さが最大限に
生かされていたように思う。


48Gは本来王道アイドルではない。

邪道であるがゆえに革新的な存在となり得たのだ。


だが一方で80年代に確立された
王道という幻想はまだ生きている。

その型にハマろうとしてもハマりきれず、
その独特のアクを持て余していた須田は地上波でのリコピンというキャラでも
おなじみだが、存在自体が浮き立っている。


アイドルは時代の華でもある


総選挙を3連覇したのは指原莉乃だ。

近年見事に勢いを取り戻した新日本プロレスにおいても、棚橋や岡田という
スーパーベビーフェース(善玉)が立役者である事は間違いないが

時代はヒールを求めている。

昨年のプロレス大賞は
言わずもがな、内藤哲也である。


昨今、日本を取り巻く政情も混沌を極めている。


もはや時代は、あの呑気に平和ボケしていられた80年代ではないのだ。




今回、普通にプロレスとして
非常に良くできていたが、ヒール(悪)対ベビー(善)という構図としては
オクトパス須田がいなければ
ここまでの盛り上がりに達していなかったのではないか?
今年の総選挙で6位まで這い上がった彼女が
3位の珠理奈にプレッシャーをかけているという
現実の状況とも重なる。


はっきり言って長年のプロレスファンの僕から見ても
オールバックで悪態をついている須田はマジで憎たらしい!笑


オクトパス須田よ!もっと暴れてみせろ!!


須田亜香里はただのアイドルではない。

かつてバレエで全国トップクラスまで上り詰め
The努力でその道を切り開いてきた
メンタル、フィジカルともにまさに”鉄人”と呼ぶに相応しいメンバーなのだ!


そんな強力な相手を説得力を持って倒せるかどうか、、

ハリウッドJURINAよ!

お前は本当に強いのか?

ベルトを強奪され
最後に恥をかかされたJURINAの逆襲から目が離せない!


そして、、

僕が最も期待しつつもガッカリさせられたあのメンバー
について、どうしても一言物申したい!


ただキャッチーにサックス吹いてるだけでいいのか!?
体があるとはいえ、ポッと出の新人に沈められて悔しくないのか!?
そもそもバトルロイヤルの一員という扱いに不満はないのか?
君は総選挙で選抜になったメンバーだぞ!


プロレスには基本、ブック(台本)がある。


だが、それに従っているだけでは時代の壁を打ち破る事はできない!!


ここぞという時はブックなんて破れ!


僕が本当に見たかったのは、ブックを破って
JURINAだけでなく、オクトパス須田でさえも
なぎ倒すサックス古畑の勇姿だ!!


遠慮する事はない!思いっきりラリアットをかませ! !


これは、ようやくソロデビューに漕ぎ着けたリアルな古畑奈和に対する

僕からの最大限のエールでもある!!!



まだ続くかもσ(^o^;)

2017年9月7日木曜日

やはり48はプロレスだった !! 君は豆腐プロレス The Real を見たか !?


須田が吠える!

こみはるが叫ぶ!

ゆあみが弧を描いて飛ぶ!!

島田が場外へダイブする!!!





正直ここまでやってくれるとはなあ…ア然 (・◇・;)

残念ながら後楽園ホールには行けなかったが

金曜8時の昭和プロレス世代で長年のアイドルファンとしては
もはや、俺夢見てるんじゃないか?笑
くらいの、素ん晴らしいイベント!
を画面越しに堪能させてもらった。

昨年からのTVドラマ版でも吹き替えなしで相当なものを見せてくれていた。
未経験のアイドルがそこまでやってくれるだけでも
スゴイことなのだが
見慣れてくると人間贅沢なもので、、
ましてやプロレスファン目線でとなると
ついつい、もうちょっとこうしてくれ、ああしてくれが出てくる。

さらにカメラの前だけではなく、四方から観客にリアルタイムで囲まれるリング上では
…ごまかしようがない。

正直どこまでやってくれるの?本当にできるの?
ここはプロレスの聖地、後楽園ホールやぞ!ホンマに大丈夫か!?
という幾重もの???が止まらない手探り感と
目の前で次々と、予想の遥か斜め上を
体を張って裏切っていくスリリングな試合展開は
ここ数年48Gでは味わえなかった胸躍る高揚感をもたらしてくれた!

特に技の”受け”に限界があると踏んでいたので
湯本亜美のムーンサルトが出た時は
思わず声を上げてしまった!

これをまともに受けた中西にも拍手喝采だ!


こうして良い方向で裏切ってくるどころか
アングル(ストーリーやドラマ仕立て)の組み方、プロレスならではの
虚と実の織り交ぜ方
という演出面までもお見事!

須田の「結局JURINAっていう流れを変えたい」

シャーク込山の「次世代じゃなく今なんだ!」など


現実のそれぞれの48でのリアルなジレンマの投影が興味深い。


さらに道頓堀白間(白間美瑠)の「何とかプロレスやらへん方法ないかな?」(笑)という

本音のダダ漏れが止まらない動画配信サービスSHOWROOMからの
アクシデント発言まで織り込んでくるとは!


ここ数年、ガチ感が薄れていたものの
今までの48の、ムキ出しのガチをところどころで
垣間見せることにより、虚と実の境界線を行ったり来たり
しながら幻想を掻き立てるやり方そのものだ。


やはりAKBはSKEは

48グループはプロレスなのだ!

そのことを改めて再確認させてくれた!!




さらに全くのプロレス初心者が、まず疑問を抱くであろう
ツッコミどころにも、各所で配慮。

特にメイン終了後
ドラマ主題歌である「シュートサイン」を披露後
ヒールターンした須田らダースーベイダーズがJURINAらを背後から急襲!

「ガチで試合してヘトヘトな奴らが何歌ってんだよ!」

と悪態を吐くという(笑)
演出につなげるに至ってはアッパレという他ない!!

たぶん(続く)

2017年8月25日金曜日

「ほっぺ、ツネル」をシングルカットはいかが?


実に久しぶりに劇場公演が音源化される。


今一番楽しい公演と言っても過言ではない、チームE「 SKEフェスティバル」公演だ。




元々、パチンコとコラボしたAKBのチームサプライズ名義の楽曲なのだが
客前でのパフォーマンスは初披露となった曲が多いこともあり、


すっかりもう実質チームEの公演曲として認知されている方も多いだろう。


中でも僕が一番お気に入りの楽曲が

3曲目の「ほっぺ、ツネル」である。


恋する男性に

私、綺麗?
私、かわいい?

とひたすら承認を要求しつつ
ほっぺをつねるという(笑)

実におバカな歌詞の

いわゆる ”ノーテンキソング” なのだが、これが素晴らしい!


このサビの単純なフレーズの繰り返しが
ハマってくると、とんでもなくクセになる!

おバカな歌詞に、レトロ感のある曲調、
さらにサビの部分の腕を振り子のように上下させる

実に単純でわかりやすい振り付けのハーモニーが絶妙なのだ!




こういう曲こそ、アイドルしか歌わない、歌えない
という意味で真のアイドルソングと言える。


現在SKEは「意外にマンゴー」で盛り返したとはいえ、

年内にもう一枚シングルをリリースできるかどうか難しい状況だ。


幸いこの曲はAKB名義のオリジナル盤で、世間のイメージはほとんどついていない。


「ほっぺをつねる」という行為自体の面白さ、かわいさを

SNSなどでダイレクトに流行らせることも含めて

プロモーションもやりやすいだろう。


ここは思いきって、


数年ぶりにリリースする劇場公演CDから

「ほっぺ、ツネル」をシングルカットするという

”SKE史上初の試み”も面白いのではないだろうか?


もし推しメンが、ほっぺツネってくれる

イベントがあったら…楽しいだろうなー(笑)

2017年8月23日水曜日

舌で感じろ!意外にマンゴーには夢が詰まっている!


Newシングル「意外にマンゴー」が順調だ!


それは単に前シングル、「金の愛、銀の愛」からの
セールス的な回復だけを指しているわけではない。

むしろ、その点は選抜総選挙後というタイミングもあり
それほどでもないくらいだ。


だが今回、それだけでは説明できない

「なんとなく盛り上がってる感」 ⤴⤴

を確実に感じることができる状況こそが、好ましいことだと思っている。


その象徴的な一例が


地元の名産”ういろう”とのコラボ商品


青柳ういろう意外にマンゴーver の大ヒットである。





このコラボを考えた人には拍手を送りたい。


はっきり言って盲点だった。


なぜって、歴史のあるういろう
名古屋人にとって
あまりにも当たり前の名産品と化していて
年配の方々に愛される趣向のものというイメージもあり
逆に結び付きにくかったはずだからだ。


このコラボによって、アップデートされた、
数ある名産品の中でも最古参の部類であるういろうは、

来年には10周年を迎え、現役アイドルとしては
かなりのベテラングループとなっているSKEが
新センターを迎えた状況と見事に重なっている。


なかなか普段はあらたまって、食べようと思っていないが
誰もが名古屋の名産品の定番だと思っている。


潜在的な価値は高いのだ。


新たな切り口によって
SKEファンだけでなく、より幅広い層への話のネタにもなるし、
お土産としても提供しやすいという、広がりも期待できる。


SKEは新曲のプロモーション、青柳総本家は新規顧客の開拓につながったのだから

まさに理想的な、ウィンウィン!


なんだかんだ、歴史を乗り越えてきた元祖名産品は強い。



そして、味覚で感じるものである点を強調しておきたい。


これはコンセプトカフェであるSKE48 Cafe and shopや
他の48Gのカフェショップともつながる話なのだが


ファンは単にコラボしたマンゴー味のういろうを買って食べて喜んでいるだけではない。


その味は、新センター小畑優奈とともに再スタートを切った
フレッシュなSKEの未来へ想いを馳せるきっかけになるのだ。


濃厚で爽やかなマンゴーの味として
味覚によって、新しいSKE48を感じさせているのだ。



さあ君も!マンゴーういろうを食しながら

再スタートを切ったSKEの輝かしい未来を感じてみないか?



2017年7月30日日曜日

至高のはるたむマンゴーを君は見たか?真夏のゼロポジ公演!


Splash !!

ついにやってきた7.19、意外にマンゴー発売日!

意外にマンゴー公演 in Zepp名古屋、夜の部に参戦してきました!




実は抽選に外れていたのですが
幸い、かねてよりぐぐ友のMさんに同伴のお誘いをいただいて
このビッグウェーブを肌で感じなければ!という想いで
いざ真夏の聖地に乗り込んだ次第。


待ち合わせのため、いったん劇場へ。


いつも僕は劇場に行く時、時間があれば名古屋駅から歩く。


およそ15分くらいでしょうか?その日の公演などに想いを馳せながら
歩くにはちょうどいい頃合いの距離感なのです。

途中、広小路通りで意外にマンゴーをパワープッシュしていると噂の
松屋にふらりと立ち寄ると、席に着いた途端かかってきた!


幸先いいスタートだ!今日はついている!


伏見を過ぎ、右手に科学館の巨大な球体を通り過ぎてしばらくすると
徐々に観覧車が見えてくる。

ゆななのポスターが目に飛び込んできた!
サンシャイン全体も一体となったパワープッシュだ!!




Zepp入場に必要な全握券もかねて、TSUTAYAで初回盤を
買い求めるも、なんと売り切れ!


シングル発売日にサンシャインは今回初めてだったが
大規模店舗で発売日に既に初回盤が売り切れという状態は
僕自身AKBの全盛期、渋谷で体験して以来で正直驚いた!


デビューシングルからのヲタだがSKEでこんなことは初めてだ!!


おそらくイベントに合わせて昼の部の客がさらっていったのだろうが
それにしても完売とは!!


Mさんと合流、カフェでマンゴーパフェに舌鼓を打ちながら
談笑していると、ふいに隣の席の30歳くらいのサラリーマン風の青年が
Zeppまでの道のりを尋ねてきた。

その目が輝いている!これからきっと良いものが観れる!
そんな期待感が表情から溢れ出ていた。


初対面のMさんとも大いに話が弾み
意気揚々と我々もいざZeppへ!


幸い現地売りされていたType Dを購入し会場内へ
オールスタンディングスペースへ足を踏み入れたその瞬間!

密集するヲタたちのむせかえるような熱気に、思わず後ずさり(笑)


陣取れたのは後方のカメラ近くだったが視界は良好。


夜の部は、珠理奈とゆななが東京会場へ移動と知り
一抹の寂しさを憶えていたが、始まってしまえば全くの杞憂に終わった。


いきなりの意外にマンゴーで、ゆなな不在のセンターで真木子登場に!職権乱用やろ!笑
と突っ込みつつもテンション⤴⤴

Glory Daysでは、特に”生けるサービス精神”こと(笑)
市野成美さんのワチャワチャした暴れっぷりがメチャメチャ楽しい!!


途中、乃木坂含む姉妹グループの曲が挟まれたのもご愛嬌。

僕は安易な他店曲拝借には反対派だが
今回はセンターがそれぞれの曲にマッチしており
思ったよりコールしてない人が多いことも含めて
会場で新規の流入を感じていたこともあり、間口の広い
わかりやすさという点でもアリかなと思った。


ズバリ夜の部の目玉は、卒業を発表している真那はるたむだろう。


真那は自身の卒業ソング「永遠のレガシー」をしっとりと初披露、
まだまだ歌い込み具合はこれからかなとも思ったが、
その後のぴよす(都築里佳)の涙も含めて真那ワールドを楽しませてもらった。


僕の中で、この日のMVPはダントツではるたむだった。


真木子とちゅりの粋な計らいで
はるたむをセンターとし、奈和ちゃんなるちゃんとともに
5期生3人がフロントを務めた締めの意外にマンゴーは、
まだ少し残っていた昼の部や東京会場を羨む気持ちを
見事に吹き飛ばしてくれた。


はるたむはずっと悩んでいた。


昨年から、その迷いが伺いしれる言動に
僕らはずっともどかしさを感じていた。

卒業発表後の”あるある”だが、つきものが落ちたような
見事に吹っ切れた輝きがそこにあった。


「私は今、ここで歌い踊れることが楽しくてしょうがない!」



彼女のパフォーマンスからは、そう言わんばかりの喜びが満ち溢れていた。
無敵のゾーンに入っていた。
その限りなき喜びが自然とはるたむの持ち味を引き出している。

果実に例えられたニューシングルに合わせて
気負うことなく、体ごと表現するはるたむを見て

来てよかった!十二分に価値があった!と心から確信できた。




どうやらスタッフさんによれば
日頃もどかしいほど謙虚なはるたむが

「私が一番可愛かったでしょ!」と繰り返しアピールしていたらしい。


大いに納得である!!


シングル発売日に東名で分かれての同時ライブ!

厳しいスケジュールの中、この初の試みを実現してくれた
メンバー、ゼロポジスタッフ、AKS並びにエイベスタッフ、

全ての方々に大いに感謝申し上げたい!

是非これからもシングル発売時には恒例行事としてもらいたい!

2017年7月4日火曜日

主客逆転の演出にNo !! 意外にマンゴーは直球でSplash!せよ!


「なんやこのしょーもないアプリ演出は!?」



THE MUSIC DAYを見た。


待ちに待った待望のシングル「意外にマンゴー」地上波初披露
だというのに、どうにも消化不良感が否めない。


ただでさえ、48グループひとまとめという窮屈な扱いの中で
HKT、AKBとともに、流行りのスマホアプリを使った演出という
足かせを伴った初披露に


力一杯「Splash !!」と叫んで弾たい気持ちが
押さえつけられたようで、なんとも言えぬ苛立ちを覚えた。


残念ながら局側に
今のAKBグループは
こういった+αのギミックがないと、画が持たない
と捉えられているのだろう。


確かに肝心のAKBを筆頭に、ここ数年この手の音楽特番で

いつかの録画を再生してるような、安易に置きに行くパフォーマンス

になっているのでは?と感じることが増えた。


こういったことの”ツケ”が回ってきているのではないだろうか?


悔しい、、カメラに媚びるような演出メインの
ぬるいパフォーマンスは
断じてSKEの本流ではない!


せっかくのセンター交代劇をともなう
Reスタートとも言える大事な新曲だ。


目の前の客を熱くさせる直球パフォーマンスに
その輝きを逃さんとするカメラワークであってほしい!


主客が逆転した、お茶を濁したような演出にNo !!


どうか、これからの頑張りで

「SKEに中途半端な小細工はいらないな」と言わしめるほどの

問答無用のパフォーマンスを突きつけてほしい!!



意外にマンゴーは、SKEは、
まだまだこんなもんじゃない!!