2017年12月19日火曜日

目指せ正式ユニット !! ストロベリーパンチの可能性!




ストロベリーパンチ(SP)について書き洩らしていた。

11月12日、昨年のソロコンサートに続いて初の試みであるユニット対抗戦が行われ、内山命、日高優月によるストロベリーパンチが優勝した。安易な企画ユニットと侮るなかれ、彼女たちは単なる一コンサートの一ユニット以上の重要な可能性を秘めている。

ブリブリの地下アイドルのパロディのような過剰なノリとステージ裏のだらしない姿まで含めたエンターテイメント性。普段の彼女たちとのギャップまで引っくるめてエンタメとして振り切った姿勢はお見事と言う他ない。

ポイントはギャップだろう。

普段は内山、日高ともにサバサバした性格であり、可愛いを過剰にアピールするには無理のある年齢にも入っているからこそのギャップ。そのギャップを可視化させるようなステージ裏での完全スイッチOFFのだらしない姿。(普段の彼女たちのノリを増幅させている!笑)

正直関西人的な厳しい目線で言えば、ああいったノリを手放しで絶賛できないところもある。それを差し引いても、コンセプト、キャラクター付け、独自フレーズの作り込み、それを体現する二人のやりきり感など、目を見張る完成度!その名の通りのパンチ力だ!

我々は内山命の力を甘く見ていたのかもしれない。

公演のMCなどでも彼女のアイドル観には時々ハッとさせられることがある。昨年のソロコンでの「枯れ葉のステーション演歌ver」のインパクト、完成度も実に見事で、あらためて彼女の自己プロデュース能力の高さが証明された。

日高優月の対応力も見事だ。昨今のメディア仕事での積極性は思い切りの良いMM(野球モノマネ)に表れている。振り切りつつもさすがは永遠のJK同級生、ハイツインであの衣装が似合ってしまうところが心憎い!

SKEでは実質、かつてのAKBのように独立してデビューしている”ユニット”は存在しない。ラブクレッシェンドは出だしこそシングルという形だったが、その後は全てカップリング扱いであり、運営主導のものである。今のSKEの体力では止むを得ないだろうが肝心のプロデューサーの関心もプロデュースグループ自体が飽和しており期待薄な状況。

こういう状況でSPのようなメンバー発のスマッシュヒットには大きな意味がある。

自己プロデュースが求められて久しいが、今回まさにその力が試され実を結んだ形となった。さらにここから発展進化してオリジナル曲でカップリング収録や、さらにそれ以上の展開!となると夢が広がる!正直これで終わってほしくない。ノリ的には期間限定の企画ユニットゆえの面白さかなとも思うが、特別公演で思わぬ発展を遂げれば、さらなる展開も夢ではない。

現在、指原莉乃が=LOVEというグループをプロデュースしているが、SPのように末端のメンバーから注目すべきプロデュースユニットが出てきたことにこそ意味がある。群雄割拠の中から今までにないキラリと光る才能が台頭して来てこそ、48グループの醍醐味。

ユニットといえば、じゃんけん大会が今年はユニットだったが、発案はメンバーでもその後は従来と同じく、まな板の上に乗せてもらうという展開だった。

ストロベリーパンチはメンバー自ら発案し、ステージを成立させ、評価されるところまで至った初めてのユニットなのだ。

この萌芽は見逃せない。目指せ正式ユニット!ストロベリーパンチの先にこそ未来はある!!


2017年12月13日水曜日

決起せよ6期生 !! Zeppの先にこそ未来はある!


僕は6期生推しだ。



現状の戦力としては、発表されたNewシングル「無意識の色」で新たに鎌田菜月が念願の選抜入りを果たし、現在選抜内に計6人と最多勢力である。劇場での説得力、外仕事での経験値、たくましさも十分なレベルで個人差はあるものの、アイドルとしてかなり仕上がっているように思う。

一方で、ゆななが意外にマンゴーでセンターになったのを契機に7期生が新世代の主役として捉えられることが多くなってきた。

初のナゴヤドーム未経験世代。

だからこそ、10周年を迎えるSKEにおいて再びナゴドへの機運が高まりつつある昨今、彼女たちが新たな物語を綴る主役として先頭を切ることには異論の余地もない。

長い目で見れば、6期生は主に今の1〜4期生が担っているような全体の屋台骨だったり、外仕事を中心に広い視野でのSKEの顔としてグループをを背負って、外へアピールできる存在へのアップデートが求められている。

だからと言ってあっさり7期生以降に物語の主役は移っていきます!という流れもどこか物足りない。その契機として、以前から彼女たちが目標に掲げている”Zepp単独ライブ”はぜひ実現してほしいハードルである。さきぽん、れおなの生誕祭でもあらためて実現への意気込みが語られていたが、正直もう聞き飽きてきた。

来年は6期生お披露目から5周年でもある。(2月28日)

やるならこのタイミングしかない!

具体的にどういうライブをするかを提示してファンを巻き込んで大人を動かす段階に進むべきだ!稚拙でも構わない。君たちが自分たちで一からステージを作り上げるという経験にこそ大きな意味がある。

そこを乗り越えれば、悩めるエース北川綾巴も殻を破れるのではないかと思う。

去っていった仲間たちのためにも…6期生よ!今こそ決起せよ!



2017年12月9日土曜日

リベンジ待ったなし!ナゴドへ突っ走れ!高柳明音生誕祭!


「全盛期って言われてた時以上の兆しを感じているので、今ならあの時のSKEを越えられる!そう思ってます!」




ド熱い!そうこなくっちゃ!

今年の生誕祭も、高柳明音は歴戦を乗り越えてきた闘将らしく勢いだけでなく実のある言葉でしっかりと熱い気持ちを届けてくれた。

「みんなが自信を持って心からナゴヤドームに立ちたい!って思ってることがすごく嬉しいです!」

今再び、ナゴヤドームへの機運が高まりつつある。美浜海遊祭での真木子発言しかりユニット対抗戦での珠理奈発言しかり。それは単に10周年という節目に花を飾りたいという想いだけではない。

”リベンジ”であることが外せないのだ!

100%SKEでのインタビューでも触れられていたがあのコンサートは、そこまでの道のりも含めて決して満足いく内容でなかったことは明らかだ。今でこそ伝説になっているが当時は取り巻く環境も異なっており、到達できたことに大きな意味はあったものの決して満足のいくWay to the ナゴヤドームではなかった。

走り続けてはいたものの前年の主要メンバー大量卒業、初のグループ内組閣、旧事務所ピタゴラスのAKS合併など、当時は運営とメンバー、現場スタッフ、ファンとの間で気持ちのズレが見受けられることが多かったように思う。

だが今は違う。

直近のユニット対抗戦コンサートを見てもコアなファンだけでなく程よく一般層を取り込まんとする工夫が随所に感じられ、細かいディテールまでしっかりと作り込んでくる演出姿勢にも感心することが多かった。近年の流れとしてメンバー自身が演出やセットリストに積極的に参加するようになったこと、昨年のソロコンもそうだが自主性を引き出すような内容にシフトしてきている点も非常に大きい。

ゆなながセンターとなった意外にマンゴーの選抜人事に文句のつけようがなかったことが昨今のSKEを象徴していると言えるだろう。先輩メンバーは自らの進退の関係もあり発表があるたびに今か今かと待ち構えている。

「コンサートでそれっぽい発表があるたびにナゴヤドームが来るんじゃないか、と期待できる自分たちで居られることが幸せなことだと思ってます。」

と語るちゅりも、あの当時との心持ちの違いは明らかだ。今なら最高のステージにできる!そんな思いがみなぎっている。実に頼もしい!ただ、正直僕はまだ少し早いと思っている。後輩メンバーの気持ちがまだ追いついていないのだ。最大勢力6期を中心としたネクストジェネレーションがまだ無用に空気を読み、先輩に遠慮している様子が見え隠れする。外仕事の逞しさ、劇場での説得力はもう十分だ。

あとは精神的な面だろう。

先輩の思い出作りのドームにはさせない!主役は私たちだ!是非そうあってもらいたいのだ!こうして旧世代と新世代の両輪が等しく駆動してこそ運営陣も一体となって大きな目標に向かって走り出すことができる。

最後に再びド熱いことを言ってくれたちゅり!

「いつでも今が全盛期を更新し続けている!」

振り返っている暇などない!高柳明音についていきたい!!

そんな頼もしい先輩に負けるな後輩!!


2017年12月4日月曜日

勇気ある撤退、佐藤すみれの決断と未来!


「この芸能界では全てやり切ったかなと思いました。24歳になった今このタイミングで新たな一歩を踏み出してみたい」


11月6日のE公演にて、佐藤すみれからSKEを卒業するとともに所属事務所、ホリプロからも退社することが合わせて発表された。

熟慮を重ねた上での決断のようで、しっかりとした面持ちで「何か一つでも後輩に残すことが今の私の役割だと思っています」とグループへの熱い想いも含めて気丈に、その胸の内を語ってくれた。

年齢的にも引き際を考えているのは想像に難くなかったが、今再びの全盛期を感じさせてくれるような昨今の活躍、AKB時代とは違った逞しさを感じさせる吹っ切れた輝きに大いに魅せられていただけに、一抹の寂しさが残る。以前の発言ではアイドル卒業後はミュージカルを中心に女優路線を目指していただけにホリプロ退社にも驚きを隠せない。

すーちゃんは6歳からこの世界に飛び込み、AKB加入後はホリプロの歴史ある看板舞台「ピーターパン」の主演も務めるなどミュージカルなどの経験は48グループではトップクラスだった。ただそれゆえの達成感と今後、現実的に今の自分のポジションからは明るい未来を想定しにくかったという正直な心情をその後のラジオ出演で吐露している。

であるならばSKEで移籍という壁を乗り越え、一番楽しく充実している今キラキラした輝いた姿のまま卒業(引退)したいという考えに至ったようだ。

納得である。

最後はすーちゃんコールに促され「これからは普通の女の子に戻ります」とわかりやすく一般人に戻る発言からの僕が驚いたのはここからの彼女のエモーションの爆発だ!

「残りの期間はマジでチームEのために捧げようと思ってます!こんなに!こんなに私が好きになれたグループ、チーム初めてで…ホントにみんなのことが好きなんですっ!」



エモい!マジで熱くなってないと言えない心の叫びだ!

The芸能界の表舞台からは去る決断をしたすーちゃん。その後、まだ考えはまとまっていないようだが、どうやら今のところごく普通に就職や近い将来に結婚というパターンは想定していないようだ。できればアイドルとして培ってきたものを生かして好きなことをやっていきたいという彼女。

あの時の感情の高まりは本物だ!そのエモーションにこそ答えがある!

フェスティバル公演において、自らが中心となって新公演を立ち上げる過程で真にSKEに移籍した意義を、喜びを見出すことができたという彼女。若手育成係としてもモバイルサイトで「すー信簿」なる企画が大好評だ!

どういう形になるかはまだ見えない。時間はかかってもいい。今度は自らの手でアイドルを創り出すと言う可能性をどうか模索してほしい!

2017年11月9日木曜日

加速する新世代!今、7D2が面白い!


小畑優奈が「意外にマンゴー」のセンターに抜擢されて以来彼女を含む7期生とドラフト2期生の、いわゆる”7D2世代”の加速感、仕上がり具合がさらに目につくようになってきた。




現在、若手育成係、佐藤すみれが公式モバイルコンテンツで提供している「すー信簿」なるコーナーでのお悩み相談が軒並みこの世代であるところからも、一方で流れに乗れていないと感じているメンバーの焦りも含めて、この世代の奮闘は実に手に汗握るものがある。

かつて松井玲奈卒業公演ではバックダンサーをするだけで泣いていたという菅原茉椰は、MCで滑ろうが余裕のリカバリーをかますようになりヲタが喜びそうなネタの提供にも余念がない。

かねてより劇場パフォーマンスに定評のある末永桜花はその行動力と発信力に磨きをかけつつ、SKEで多いラジオメディアでも非常に積極的な姿勢が目につくようになってきた。

野島樺乃は、髪型やメイクのビジュアル面で明確なテコ入れをしつつナチュラルにナルシスティックなキャラだけでなく、薄っぺらい言動などをネタにしてでも何とか目立ってやろうと、自らの殻を破らんともがいている。

正直、僕は春先に卒業した野口由芽を熱烈に推していたこともあり、期としては未だに6期生に思い入れが強いのだが、正直今は7D2の方が断然面白い。

それはメンバーそれぞれの魅力と言うよりも、ある程度ひと段落ついて選抜内にも最多のメンバーを排出するに至ったアイドルとして成熟段階に入りつつある6期生よりまだ固まっていない面白さを見出しているからだ。総選挙で相当なプレッシャーとなったであろう後藤楽々、小畑優奈が今年ランクインしたものの、まだ大外から誰がまくってくるのか?わからない余地が大いに残っている。

まだ見ぬドラマの予兆を感じさせてくれるのだ。

今年は大矢真那をはじめ、かつて時代を作り、屋台骨を支えた主要メンバーの卒業が目立つ。新センター効果もあり、久々に外野からの新規ファン流入やかつてのファンの出戻りも目立っている状況だ。今ほど風を掴むのに絶好の時期はないだろう。

「(運営の)推されは推しにくい」そんなオタの微妙な心理を見事に突きくずしつつある後藤楽々、小畑優奈の健闘ぶりは目を見張るものがある。無論これは珠理奈が二十歳を迎え外仕事の幅が広がり、グループ創設10周年という節目を前に大局を考え、かつてほどセンターに固執しないスタンスであることが前提ではある。



他にも、あのゆめち以上に闇を抱えていると噂され(失礼!笑)かつてSKE史上、もっともひどいとされた北川綾巴を越えるポンコツパフォーマンスでネガティブの塊のようだった一色嶺奈は自信がついてきたのか近頃ポジティブな発言が多々見られるようになってきた。

そしてドラフトで本店と争って獲得した逸材、水野愛理。単純に年齢からくる幼さと破天荒とも形容されるハチャメチャで気まぐれな言動により、期待されたほどファンもつかず
後列に追いやられるに至って、ようやく覚醒を見せつつある。まだ荒っぽさは残るもののむしろそれは彼女の魅力であり、徐々に自らを冷静に客観視できるようになってきた。最近では物販女王の異名を持つなど「お客様に提供できる破天荒」としてキャラを確立しつつある。元々の美貌がうまく花開けば数年後にはとんでもない美人と化してセンターも決して夢ではない。

公演での実績を積み重ねる形で9周年公演で誰もが納得の昇格を果たした、相川暖花片岡成美の猛追にも注目だ!


今、7D2から目が離せない!!

2017年9月30日土曜日

ゆりあのAKB移籍、あの時何が起こっていたのか?(続き)

あらためて言っときますがこれは僕の妄想です。というか状況からの推察ですね。



確かに珠理奈の決断によって、ゆりあに移籍のお鉢が回ってきた。でも、だからと言って
珠理奈のわがままで、ゆりあは犠牲者になったのだ。とはならないだろう。

仮にあのままゆりあがSKEにとどまったとしても、まだJRともに健在であった状況では、むしろ頭打ちの状態が続いていたであろうし、すでに女優志望という明確な目標があったのだから。珠理奈にしても、むしろ個人的な芸能人としての将来を考えた場合は、依然として大手事務所の影響力が大きい芸能界において移籍の方がメリットは大きかったはずだ。

珠理奈はSKEへの愛とともに、個人より公を優先したのだ。今にしてようやくセンターを小畑優奈に譲る形となったことを考えても、あの当時珠理奈がSKEを去ることは、やはり早すぎたように思う。

やはり、これで良かったのだ。

移籍して、新たな仲間ができたり、東京のThe 芸能界に多少なりとも足がかりは築けたはずだ。後はゆりあが卒業後、どれだけ頑張ってくれるかにかかっている。

ゆりあ、栄魂を胸に…移籍して増えた仲間や後輩たちのためにも
盛大に暴れてくれよな!!o(`ω´ )o

ゆりあのAKB移籍、あの時何が起こっていたのか?


あの時何が起こっていたのか?

ゆりあの卒業を期に、あくまで僕の想像でしかないが当時の状況を改めて整理しておきたい。2014年2月24日の大組閣において、ゆりあのAKB移籍が発表された。

遡ること数週間前の2月1日、2日。SKEは一つの到達点となったナゴヤドームにおいて念願のコンサートを開催している。

そこで何が起こっていたのか?今一度思い出していただきたい。祝祭であるはずのドーム会場全体が不穏な空気とともに、凍りついた瞬間があったことを。



そう、珠理奈が「大声ダイヤモンド」を独唱する前に妙にあらたまった神妙な様子で語り出した、あの時だ。結局何も起こらなかったのだが、あのような雰囲気になったのは一体なぜなのだろうか?

ズバリ、珠理奈はあの時 ”AKBへの移籍” を打診されていたように思う。

兼任から移籍に移行するのはその後多々見られたケースだが、当時Kと兼任状態にあった
珠理奈もまた岐路に立たされていたのだろう。その年の大晦日に大島優子が卒業発表することにもつながっている。

秋元康からボールを渡されていたものの、それをこの会場で投げるかどうかは珠理奈次第。ややケースは異なるが前田敦子の卒業発表時と同じ状況だったのだ。秋元康から「決断し、ここで発表するかどうかは君次第だがどうする?」というボールを渡された状態。

でなければ、説明がつかない。

ギリギリまで悩んだ珠理奈の逡巡が、あの不穏な空気を作り出したのだ。結局、珠理奈の兼任が解除されたのは2015年の夏。2012年、西武ドームでの兼任発表から始まっていた綱引きの帰結が兼任解除=SKEへの帰還であり、その後の所属事務所への移籍だろう。

当時、優子卒業を見据えた後釜のエースとして珠理奈のAKB入りが大手芸能事務所移籍のための条件だったとすれば、その後あれほど事務所移籍が遅れたことにも納得がいく。

芸能界での先を見据えた場合、SKEにいるよりAKBの方が何かと都合が良いし、これからの後輩への道筋にもなる。だが、珠理奈は栄にとどまることを決断した。

ではこの道筋をどうするのか?

珠理奈が移籍となった場合のセンター候補筆頭の一人で当時から女優志望であった木﨑ゆりあに、その白羽の矢が立ったのだ。

(つづく)